あわてないで!子どもが熱を出した時のための最低限の知識

小さな子どもさんを持つお母さん、1人目の子の時は特に、子どもが熱を出したら心配ですよね。でもあわてないで。まずは子ども様子をしっかり見てください。いつもの様子と比べてみて下さい。子どもは少し熱があっても元気なことがおおいです。機嫌はどうか、食欲はあるか、水分は取れているか、など。体温計できちんと熱をはかって下さい。体温計には水銀、電子体温計、赤外線体温計などがあります。1番正確にはかれるものは、水銀タイプのものですが、少し時間がかかるので、子どもの場合は動いたりして、正確にはかれないこともあるので、電子体温計や赤外線体温計でこまめにはかってあげることが大切です。夕方にかけて熱が上がっていく傾向もあります。あまりあわてず、しっかり様子を見てから病院に連れて行ってあげて下さい。市販の解熱剤を小さな子どもにいきなり使うのは、危険です。熱の原因は様々です。必ず小児科の先生にきちんと診てもらいましょう。処方される解熱剤で多いのはアセトアミノフェン系のものです。小さな子どもには座薬が処方されることが多いです。熱が出ている時は、ウィルスや細菌と闘っている時が多いのです。病院で解熱剤を処方されたからといって、むやみに使用しないで下さい。熱の高さ、食欲や機嫌をみて解熱剤を使うタイミングをはかりましょう。少し熱があっても元気で普段の様子とあまり変わりがないようなら、そのまま様子を見てみましょう。37.5度で発熱、38.5度で高体温となります。38.5度以上で元気がなかったり、機嫌が悪かったら解熱剤を使いましょう。熱が出ている時は水分を少しづつ与えて下さい。湯冷ましや薄めたお茶、薄めたスポーツドリンクなどがよいでしょう。そのままのスポーツドリンクは糖分も強いので、必ず薄めて下さい。これくらいの知識があれば、子どもが急に熱を出しても、少し落ち着いて対応できるのではないでしょうか?普段とのちょっとの様子の違いがわかるのは、やっぱりいつも一緒にいるお母さんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です