登山ブームの裏側

近頃は中高年層を中心に登山ブームが起きているという。そしてそれを反映してかBSのテレビではいろんな名山などを紹介している番組が複数存在している。日本には数えきれないくらいたくさんの山があるが、そのなかで日本百名山のようにとある団体が認定した名山がある。その後名山は100だけでは物足りないとみてか200名山、300名山に認定された山もある。さてその300名山のすべての山を他人の力を借りないで徒歩と海はカヤックかパッククラフトだけで登山をしてる人がいる。それが田中陽希さんだ。彼は2014年に100名山を成し遂げて国営のBSの番組で放送されたために一躍注目されることになった。なぜなら前人未到の快挙を成し遂げたからだ。その後200名山も達成して、今は300名山の最中だ。それはともかくとしてその300名山の中には素人の自分からしてクエスチョンマークを付けたい山がいくらかある。名山と呼ぶにふさわしくないと個人的には勝手に判断したいからだ。その山の1つは群馬と新潟県境にある景鶴山だ。この山は全体が会社所有物なこと、そして所有者が入山禁止してるために登山ができない。にもかかわらず名山と認定することにイラつかされる。さらにその山は登山道すらない。こんなことしてると登山マニアの中には入山禁止にもかかわらず人目をかいくぐって登山をしてやろうという悪い意識が出てくるではないかといいたい。だから少なくてもその山は名山から外すべきだと思う。ついでに登山自体は可能でも登山道のない山がほかにもある。それが笈ヶ岳と野伏ヶ岳だ。この山は岐阜の県境あたりにある山なのだが、雪が積もってる時期でしか登山が困難だ。雪がないと登山道がなくて藪漕ぎだらけでケガしたり衣装などが破れたりなどさんざんな目にあうこと避けられない。下手したら遭難さえやりかねない。だからこの山もオールシーズン登山困難だということで名山から外すべきだと思う。その300名山を登山中の田中氏は何を思ったのか登山道のないここに掲載した2つの山を避けて進行中だ。どうやら方針を変えて雪の降ってる時期にまた徒歩で戻ってきて登山をするつもりらしい。時間と距離はさらに増えるが安全策を優先したのだろう。その後のテレビで詳細を知りたいと思う。

停電時に気をつけたいこと

「停電時にあると便利なもの」突然発生する停電に日頃から用意しておきたいモノがあります。懐中電灯、電池。懐中電灯は災害に向けたラジオ付きの物もあるので情報を得るにはラジオ付きがあると便利です。災害用に用意するラジオなら手回し発電できるラジオもあります。電池をいつも用意して置くと良いですが電池購入というのは頻繁ではありませんので手回しも検討商品の一つになると思います。火事が想定されない停電ならばロウソクも用意して置くと便利です。100円ショップでもスタンド要らずのロウソクが販売されています。すぐに灯りを用意できない時はアルミホイルとサラダ油キッチンペーパーでランプができます。耐熱容器にアルミホイルを容器の内側に敷き詰めサラダオイルを入れるキッチンペーパーで紐上に細くねじっってロウソクの芯のように使います。冬に停電になると地域によってはとてもきついので灯油使用できるストーブがあると便利です。ストーブの火が灯りとなり食事も作れます。少しお金がかかりますがソーラー発電も用意して置くと携帯の充電や最低限の電力使用に大変便利です。六千円前後の物でもフル充電で15時間程度使用できるものもあります。また、ノートパソコンを持っている方は、日頃から充電をしていると停電時にもUSBを使ってスマホ携帯の充電が可能です。ノートパソコンの存在は停電時にはポンと頭から抜けがちになるのですが使えるアイテムです。ただしPCの電源を入れた状態で充電可能です。また充電器の線は細いものではなく太く長すぎないものが充電時間が早いです。キャンプをするお家ではランタンも使用できると思います。停電が関係しポンプで水を汲み上げている住宅もあると思います。何かがあった時一番に水をためて置くことをお勧めします。バスタブ、洗濯機、空のペットボトル、新品のゴミ袋を二重に重ねてその中に水をためて置く方法もあります。トイレ用と飲料用を分けて水を確保します。豪雪地帯の真冬の停電と夏の停電を経験した経緯から綴ってみました。備えあれば憂いなしですね。

孤独があなたの人生を変える ー孤独力を鍛えるためにー

「孤独」という言葉を聞くと、どこか陰なイメージがまとわりついてきます。しかし、「孤独」というのは、人生をステップアップしていくために必要不可欠なものです。「孤独」とは、自分自身と対話すること、見つめ直すこと、向き合うことです。ここでは、孤独になる力、孤独力の鍛え方を4つ紹介します。

①本を読む(特に小説)

読書は心の旅だと言われます。何十年も昔に執筆された偉大な文豪たちの文章にふれること。現代社会の問題を風刺した文章を読むこと。そして、それらの文章について自分の考えを巡らせることが、あなたの孤独力を鍛えます。

②音楽を聴く

音楽は、簡単にいえば、一種のショートストーリーです。3分~6分の言葉とメロディで刻まれる物語に触れる。外界から自分自身を隔離して、自分以外の誰かの人生に思いを馳せること。その時間が、孤独力を鍛えます。

③映画を観賞する

ここまでくると、何が人間を孤独にするのかがわかってきます。それは、物語です。映画は誰かと一緒に観るものだと思うかもしれませんが、上映中の時間、あなたは孤独です。目の前で繰り広げられている物語に目を凝らしながら、自分の過去や気持ちと対峙しているはずです。そして、観終わってから、数あるシーンを反芻しながら、あなたは、映画と自分を重ね合わせて、自分のこれからについて考えているはずです。

④旅に出る(できれば一人で、知らない土地に)

知らない土地に出かけたとき、人間は、五感を使って、自分の置かれた状況を察知しようとします。その土地由来の食べ物を食べ、他では見ることのできない景色を見て、周囲の音に耳を傾けます。日常生活から自分自身を切り離して、世界に溶け込む。その時間が孤独力を鍛えます。

人間は孤独を嫌います。しかし、日本や世界で成功し、活躍している人は口をそろえてこう言います。「一人になれ」と。きっと、「孤独」があなたを強くし、あなたの人生に磨きをかけてくれます。

医療脱毛メンズの料金

 

料理ベタな私。珍しく褒められた手料理を紹介していきます。

夏休み、子どもたちがRSウィルスに感染してしまい、予定していた白浜旅行を泣く泣くキャンセル。咳が長引き、感染力が強いとのことで2週間近く自宅に引きこもり。結局どこにも連れていってあげられなかったので、夏休み終了間際の8月末に東条湖おもちゃ王国に行ってきました。当日は曇り空。到着して1つ目のおもちゃの部屋に入った途端、土砂降りの雨・・・運良くずぶ濡れは回避できました。おもちゃ王国はいくつかの建物に分かれていて、ブロックや木のおもちゃ・ままごとやメルちゃんやシルバニアファミリー・りかちゃんやプラレール等々、子どもたちが好きそうなおもちゃが盛り沢山。我が家の3歳と2歳の子どもたちも入室するなりお目々がキラキラ~☆最初に入った部屋に、アンパンマンのお絵かき出来るものがあったのですが、今日1日中これで遊ぶつもりでは?と思うほど、熱中して描いたり消したり。他の部屋に行ってみようと誘うも、全く動こうとせず。そんなこんなで1時間半ほど遊んでお昼ご飯の時間となり、嫌がって愚図る子どもたちを抱きかかえながらレストランへ。子ども向けのセットにはアンパンマンのジュースが付いていて、それだけで子どもたちのご機嫌は復活。お昼ご飯の後はメルちゃんやままごとが出来る部屋へ。これがまた、2人に大ヒット。エプロンを付け、ベビーカーを押し、甲斐甲斐しくメルちゃんのお世話をしてご満悦。と、この辺で旦那さんと私に睡魔が襲いかかります。見渡せばあちらこちらでうつらうつらする大きなお友だちの姿が。壁には「寝転がっての休憩はご遠慮願います」の張り紙があっちこっちにありました。家族を連れて長距離運転、ご飯を食べてお腹いっぱい。涼しく快適な部屋で子どもが遊ぶ姿をひたすら見守る・・・そりゃ眠たくもなりますよね。大きなお友だちにとってはなかなかの試練ではありますが、子どもたちは大喜びでこちらも嬉しくなりました。帰りの車、乗った直後に2人とも爆睡。家に帰ってきても「楽しかったわ~」「明日も行きたい~」と笑顔いっぱいでした。夏休みの最後に思いで作りができて良かったです。

初めての育児。たくさんあった自分にも起きたあるある話

初めての育児のお話です。先に産んだ友達の話を聞いて、まさか〜と思ってた事が自分にもあるある!となっていました。それを書いていきたいと思います。

●寝かしても布団に置いたら泣く

長男出産して、実家に里帰りした時の話です。置いたらほんとすぐに泣きます。

スイッチでもついているのかと。お昼ご飯を食べたくても食べれない。気になってすぐあやしていました。

●おしっこを飛ばされる。

長男だったので、オムツの時、ちー と飛ばされました。それが長男の顔にかかった事も。びっくりしてのけ反ってしまいました。

●自分もトイレに行けない

初めての育児なもので、自分がどこかに行った時に子供が寝返りしたら、と考えると怖くてトイレに行くのを我慢していました。

子供が成長すると後追いして今度は泣き始めます。

●Eテレに詳しくなる

自分がEテレを見たさにテレビをつけている気も。えー!あの人が出てるや、この人が声優してるの!と発見も。

気づけばEテレの歌をよく口ずさんでいます。私はおしり探偵見たさにテレビをつけてしまいます。最初始まる時の歌がチャンネルをうまく操作すると、ぶぶぶと歌の最後、おしり探偵がおならをするのですね。年甲斐もなく、ツボにはまり、ずっと爆笑していました。

●ご飯取られる

今、2歳になったのですが、知識がつき、長男は自分の好きなものが私のお皿に乗っていると奪おうとします。フォークを突き出してきてガブリ。特にお肉が好きで。お肉!と叫んできます。

アイスも大好きなので、目を合わせたとたん、アイス!でこれもパクリ。ゆっくり食べる暇がありません。

●反抗期

私が長女を産む時、しけご と重なって、もうとにかくひどいものでした。かまってもらいたいので、わざと床に自分の頭を打ち付け泣き出す日々。キーキーと会う人、会う人に言っていました。1番驚いたのは、ご飯をボイコットして食べなくなり、私は病気と思い、病院に連れて行くと、反抗期になった と言われた事でした。

あわてないで!子どもが熱を出した時のための最低限の知識

小さな子どもさんを持つお母さん、1人目の子の時は特に、子どもが熱を出したら心配ですよね。でもあわてないで。まずは子ども様子をしっかり見てください。いつもの様子と比べてみて下さい。子どもは少し熱があっても元気なことがおおいです。機嫌はどうか、食欲はあるか、水分は取れているか、など。体温計できちんと熱をはかって下さい。体温計には水銀、電子体温計、赤外線体温計などがあります。1番正確にはかれるものは、水銀タイプのものですが、少し時間がかかるので、子どもの場合は動いたりして、正確にはかれないこともあるので、電子体温計や赤外線体温計でこまめにはかってあげることが大切です。夕方にかけて熱が上がっていく傾向もあります。あまりあわてず、しっかり様子を見てから病院に連れて行ってあげて下さい。市販の解熱剤を小さな子どもにいきなり使うのは、危険です。熱の原因は様々です。必ず小児科の先生にきちんと診てもらいましょう。処方される解熱剤で多いのはアセトアミノフェン系のものです。小さな子どもには座薬が処方されることが多いです。熱が出ている時は、ウィルスや細菌と闘っている時が多いのです。病院で解熱剤を処方されたからといって、むやみに使用しないで下さい。熱の高さ、食欲や機嫌をみて解熱剤を使うタイミングをはかりましょう。少し熱があっても元気で普段の様子とあまり変わりがないようなら、そのまま様子を見てみましょう。37.5度で発熱、38.5度で高体温となります。38.5度以上で元気がなかったり、機嫌が悪かったら解熱剤を使いましょう。熱が出ている時は水分を少しづつ与えて下さい。湯冷ましや薄めたお茶、薄めたスポーツドリンクなどがよいでしょう。そのままのスポーツドリンクは糖分も強いので、必ず薄めて下さい。これくらいの知識があれば、子どもが急に熱を出しても、少し落ち着いて対応できるのではないでしょうか?普段とのちょっとの様子の違いがわかるのは、やっぱりいつも一緒にいるお母さんですよ。

子供が2歳の頃から、毎晩絵本の読み聞かせをしています。

我が家には娘が一人います。今、小学4年生です。

生まれたばかりの頃は、毎晩歌を歌って寝かしつけていました。歌うと静かに聞いています。歌い終わって休憩していると、早く次の歌を歌えと言わんばかりに泣き出します。旦那が耳が良く、歌が好きな人なので、私ではなく旦那に似たのね、と喜んでいました。

2歳になり、そろそろ歌ではなく絵本を試してみよう、と思いました。これが大成功で、毎晩「絵本がいい。絵本を読んで。」と言うようになりました。

もともと私は絵本が好きで、社会人になってからも、仕事帰りに本屋に寄っては面白そうな絵本を買って帰る、ということを繰り返していました。「ぐりとぐら」「からすのパンやさん」「10ぴきのかえる」といったシリーズものや、日本の昔話、世界の童話、アンデルセン、グリム、イソップ等々、我ながら、なかなかのラインナップを揃えていました。

娘は、オオカミが登場するお話を好んで何度も聞きたがりました。「赤ずきんちゃん」と「オオカミと七匹の子やぎ」は、何度読み聞かせたか分かりません。

私としては、娘は女の子なのだから、「人魚姫」や「シンデレラ」や「かぐや姫」といった、姫物語に興味を持ってほしかったのですが、お姫様には全然興味がないと言われてしまいました。私の大好きな三大姫物語を全否定され、母としては軽くカルチャーショックを受けました。こういうところも、きっと、私ではなく旦那に似たのね、と残念に思いました。

そんな娘も、もうすぐ10歳になります。今では、挿し絵よりも字のほうが多い、絵本と小説の間のような本を読み聞かせています。「おしゃべりな たまごやき」で有名な、寺村輝夫の王さまシリーズや、松谷みよ子の「ちいさいモモちゃん」など、私も学校の図書館で借りて読んだ記憶があります。大人になって読み返しても楽しめる、小学校中学年を対象とした本達が、我が家に新たに増えつつあります。

でも、そろそろ読み聞かせも卒業です。これからは、自分で好きな本を選んで、自分で読むようにならなければいけません。娘には、たくさんの素晴らしい本に出会ってほしいと願っています。

ベルメゾンのカタログにペーパークラフトがついてきました!

ベルメゾンで買い物をしたことがあると、季節ごとに定期的にカタログが届くようになります。ベルメゾンのカタログの中で、ディズニー好きの人におすすめなのが、ディズニーファンタジーショップカタログです。ディズニーファンタジーショップは、創刊25周年だそうです。25周年の特別付録として、秋冬号のカタログには、くまのプーさんのペーパークラフトがついていました。前回の春夏号では、ミッキーがついていました。このペーパークラフトは、一つ一つのパーツやのりしろが少し細かく、難易度は高めなので、大人が取り組んでも十分に楽しめます。小学校低学年頃の子どもには、手助けがないと、少し難しいかもしれません。

ミッキーも、プーさんも鼻の部分は別パーツになっていて、顔パーツに貼る用になっています。立体的に出来上がります。手、足、耳は全て別パーツです。プーさんは上半身と下半身も別パーツです。高さは11cm程で、大きすぎず小さすぎず、かわいく飾れます。紙の素材も分厚すぎないので、はさみで簡単に切ることができます。

ミッキーを作った時は、どの部分がどこにくっつくのかよくわからず、時間がかかってしまいました。しかし、今回のプーさんは、ミッキーの経験を生かして、スムーズに作ることができました。

作り方がよくわからない場合には、ベルメゾンネットで動画を見て確認することもできるようにQRコードもついていました。

ディズニーファンタジーショップには、買いたいと思うものがたくさん掲載されています。ネットもチェックするとディズニーのものも、セール価格になっていることもあり、お得に購入できます。カタログは、見ているだけでも楽しいのですが、さらにペーパークラフトで楽しむことができました。25周年の特別付録なので、ペーパークラフトは、今回で終わりだろうと予想はしていますが、次回のカタログにも、ミニーマウスやドナルドダックなどついてきたら楽しいなと思いながら、期待して待っています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !